2014年12月20日

死んだふりコッピー

12月16日、5年日記の上爛、2012年を見たら「コッピーが1匹死んだ」と書いてた。

数年前に小さなビンに入った2匹のコッピーを猫達を喜ばそうと買った。
2匹は大変仲が悪くてオスらしき方がメスらしき方をいじめてたので
別居さすことにした。

2012年に、一匹が亡くなったのだが、それがオスなのかメスなのかわからなかった。
残ったコッピーは深夜にカール君にビンを倒され、あと少し遅れたら窒息?という
ところ私に救助された。

が、慌てて指でつまんだために、体が少しくの字に曲がってしまった。
あれから2年、底石が汚れてきたので水を変えた16日の翌日。

なんか変、ほとんど動かず底に沈んでる。ビンをつついたら少し動いてたのに
ちっとも反応しなくなり、次に見た時には水面に浮かび、弱弱しい呼吸がかすかに。。。

いよいよか、せめて年を越してからにしてほしかった。
二カ月に一度の水替えを面倒くさがってごめん、何年も飼ってるのに可愛いと
思ったことがなくてごめん、腰が悪い時にしゃがんでの餌やりは辛いよと思ってごめん。。。

明日は隣の公園に埋めようと翌朝見たら、すいすいと泳いでる。
はあっ?
夕方えさをやったらぱくぱく食べた。
はあっ?

コッピーの寿命 を検索したら3〜4年とのこと。
ブログを遡ったら2010年7月28日に買ってる。約4年半か。


posted by keiko at 11:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする